JP|EN

木目込とは、衣裳のひだや布切れの境となる部分に細い溝を彫り込み、そこに布を「きめこむ」ことからそう呼ばれております。
その発祥は、約270年前の元文年間(1736~41)に京都で生まれた木目込人形で、その人形づくりの技法が江戸に伝わり「江戸木目込人形」が誕生しました。
現在は通産大臣認定の伝統工芸品の「江戸木目込人形」として東京・埼玉でつくられるものが有名です。


木目込人形は、約270年前の元文年間(1736~41)に京都で発祥したと言われています。
通説によると、当時の上加茂神社の雑掌の高橋忠重という人が、余技で、神社の祭礼用の道具を作った余りで木彫りの人形を作り、それに神社の衣裳の残り裂を木目込んだのがはじまりといわれています。
この人形は当時、加茂人形・加茂川人形・柳人形と呼ばれ、のちに木目込人形と呼ばれるようになりました。
その後、江戸の発展と共に、京都から江戸に移り住んだ人形師により、木目込人形は「江戸風」に発達していきました。
明治の後期になると、木彫りの胴に裂張りという古来からの製造法から、桐塑を型抜きして胴体を作るという現在の製造法が行われるようになりました。
この技法により、多量生産や形態の多様化が可能になり、様々な種類の木目込人形が作られるようになりました。



  • No.091-CA032 | 花宴(はなうたげ)


  • No.091-CB034 | やよい小筺(やよいこばこ)


  • No.091-CB033 | 真珠桜(しんじゅざくら)


  • No.091-AA025 | 杏(あん)


  • No.091-AA021 | 桜美(おうび)