JP|EN

柿沼人形は、1950( 昭和 25)年に創業した、江戸木目込人形の節句人形を手がける工房。二代目・柿沼東光は、独創的な人形づくりで数々の受賞歴を持つ伝統工芸士です。螺鈿の象嵌、彩色二衣重 (さいしきふたえかさね ) などの独自技法の追求、時代を見つめた斬新な人形づくりにも意欲的に取り組見で来ました。「 節句に限らず江戸木目込人形を手にする機会を増やしたい」との思いから誕生した「招き猫」シリーズは、世界的な猫ブームに乗って注目され、木目込む布地の取り合わせや革など新素材を採用することにより、まったく新しい江戸木目込人形の世界を創り出しています。

KAKINUMA

柿沼東光が創りだす雛人形は、伝統的であり革新的、常に「時代の今」を見つめ制作に取り組んでいます。江戸木目込でしか表現する事の出来ない造形美や厳選したこだわりの衣装を用いて創りだされる御人形は優雅で上品なものばかりです。年に一度、家族と一緒に飾り付ける桃の節句は、 きっと幸せなひと時として、お子さまの記憶にも残るでしょう。

いつの時代も、親は子に強くしく、そして健やかに優しい心をもって育って欲しい。そんな子供たちに託す夢や希望を大切に、柿沼東光が丹精を込めて作り上げた五月人形です。優しさの中に品格漂うお顔と、厳選された正絹西陣織などの素材を使用した江戸木目込人形で演出する「端午の節句」は、従来の五月飾りとは異なる優しさ溢れる飾りです。

貴雛 PARIS には美しい日本の伝統工芸が散りばめられています。布地は京都西陣を使用し、お殿様の烏帽子には金沢箔、飾台には鹿沼組子、和歌山・紀州塗、お姫様の冠には東京七宝、お殿様の烏帽子の紐には生絹京組紐を使用しています。

TOKYO TESHIGOTO

国内にとどまらず海外にも多くのファンをもつ柿沼東光の『招き猫』。今年、経済産業省がクールジャパン政策のもと ' 世界にまだ知られていない、日本が誇るべき優れた地方産品 ' を発掘し、海外に広く伝えていくプロジェクト "The Wonder 500" にも認定されております。飾り物として、またプレゼントにもおススメです。

木目込技術を平面的に用い、クッション性をもたせることで眺めるだけではなく機能性をもつデラックスなトレイを製作しました。インテリアとして、またプレゼントにもおススメです。

「まるねこてかがみ」は、木目技術を大切に活かしつつ上質な味わいと使い勝手を考慮した丸型手鏡です。猫の絵柄は、おしゃれでチャーミング、とても印象的な小物に仕上がりました。

               
コンパクトサイズの雛人形・五月人形。
もっとかわいく、増やしていく楽しみがある。「いとわシリーズ」発売開始!